遠隔診断

ハイレベルのIT活用により
海外の患者様にも高度医療を提供

世界各地の患者様へ高品質の医療を提供できるよう、当グループの高度医療チームでは最先端のIT を活用した「遠隔診療サービス」と「遠隔画像診断システム」を導入しています。

通院が困難な患者様も、自宅にいながら診断が可能。

当クリニックと患者様のお宅をインターネット回線で繋ぎ、患者様は在宅のままでテレビ電話を通じて 診察が行えるシステムを導入しています。遠隔診断を希望される患者様に、患者様のお宅には、 TVカメラ・小型テレビ・心拍監視装置などのセットを設置。テレビ電話画面を通し時間を定めて 担当医の診断が受けられます。また、このシステムを活用して電子メールやインターネット 電話によるコミュニケーションも可能ですので、診断時にお聞きになれなかったことを後日質問したり、 逆に主治医から服薬や生活上の注意などをお伝えすることもできます。

地域での検査データを、最先端の医療機関で診断。

当クリニックでは、大学病院をはじめ最先端の医療機関と結んだネットワークシステムを活用した 「遠隔画像診断システム」も導入しています。このシステムは、遠隔地の地域医療機関で得られた 検査データ(心電図・血圧・脳波などの情報、X線写真、CT・MRIなどの画像)を、高度なスキルを 備えた専門医のいる先端医療機関に転送することで、迅速かつ正確な診断を可能にします。 患者様の地域医療機関では診断が難しい画像や、速やかな判断が必要なケースでも正しい診断が得られ、 遠隔地の患者様にも質の高い医療が提供できます。